渋谷で働く営業部長のブログ

外資系 IT ベンダーで働くオッサンの日常雑多な出来事

千円札は拾うな。

最近本を読む時間がなかったのですが、ブックオフで見つけたので読んでみました。

「千円札は拾うな。」安田佳生

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31652107/

なかなか良いこと言ってます。(もともとこの手の本は好きでしたが...)

今の自分に参考になったなぁ...という部分をいくつか。

”勤勉は悪、努力は報われない”

短い時間で同じもしくは今まで以上の結果を出すことを追求することにより、
慣れ親しんだやり方をやめて、頭を使い、新たなやり方を考えるようになる。

”似合うスーツを選んではいけない”

いまの自分にスーツを合わせるのではなく、スーツに自分を合わせる。
ビジネスに置き換えれば、現状の規模に合わせた戦略を立ててはいけない。
売れる戦略、伸びる戦略があれば事業はおのずと伸びるものである。

”20メートル掘り進めた穴を潔く捨てられるか?”

物事を極めることは石油や金を掘る行為とにている。
はじめは必ず出るという保証がない状態で掘り始めるが、でなかった場合は、
どこかのタイミングでその穴をすてる決断が必要である。

手放してみると案外「あんなものを大事にしていたのか」というケースが多い。
それができたら案外、思いがけない展開が待っているに違いない。

要するに既成概念、一般常識の範囲で物事を考えるだけでなく、逆転の発想も
必要であるということでしょうか?そして、やはり決断と実行力でしょう。

なかなか参考になりました。

仕事に行き詰まっているかたにはお勧めです。
いっきに読むとモチベーションが上がりますよ!!