渋谷で働く営業部長のブログ

外資系 IT ベンダーで働くオッサンの日常雑多な出来事

出張中のお勉強

無事にシアトルから帰国いたしました。ちょっと”ものもらい”になってしまいましたが...(つд・)エーン。
シアトル出張の際は、いくつかの本を購入していくのですが”ものもらい”のせいもあり、本日読み終わりました。正直どれもいまいちという感じでした。




成果をあげる営業の上司力(著:中野 靖識・小林 昇太郎)

感想)
上司が楽をできる組織、運営方法を考えることが成果が期待できる組織であり、
上司としてのあるべき姿ということみたいです。概ね賛成ということで、
今期からは以下に自分が楽をするかに重点をおいて運営してみよう!




若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来(著:城繁幸

感想)
タイトルのまんまでした。年功序列の体質が今も根強くのこっており、
しかれたレールに乗るか外れるかは本人の決断次第ということです。
私のような外資系に生きる者にとっては極めて当たり前のことなんですが、
一般の方にとっては大決断らしい。この人も富士通だし...。




ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学(著:島田紳助

感想)
読み物としては一番面白かったかも?ビジネスを成功させる秘訣は、ビジネスに関係
するすべての人間を幸せにしようと思う気持ちだそうです。確かに題になっている
ようなオバチャンはまた来て欲しいという気持ちで大盛りにはしないなぁ?