渋谷で働く営業部長のブログ

外資系 IT ベンダーで働くオッサンの日常雑多な出来事

日本人に贈る聖書ものがたり



かなり時間がかかったがやっと読み終わりました。その本は”日本人に贈る聖書ものがたり”で全四巻で旧約聖書新約聖書が理解できるという本です。読むきっかけになったのは娘のお受験でした。読み始めると面白く、かなりはまりました。私もキリスト教の学校出身のはずなのですが、恥ずかしながら新たにわかったことが沢山ありました。知っていましたか、キリストはすべての人間の罪を背負って、十字架に貼り付けになるために神様が人間界に送り込んだメシアだったということを。著者がいう、旧約聖書を理解しないと新約聖書は理解できないということが実感きます。お受験などでキリスト教を理解する必要がある方にはお勧めですよ。(参考までに、第一巻は神様がイスラエルの民と契約を結ぶところ、第二巻はイスラエルの民が捕囚されていたエジプトから脱出するところ、第三巻はメシアとしてのイエスの誕生、第四巻はメシアの復活とキリスト教の広がりという感じです。)